企業説明会
行ってきたぞーーーーーー、カカロットーーーーーーーーーーーーみたいな。色々な会社が一同に会して合同説明を行っていた。場所は東京国際フォーラム。実は初めて足を運んだ場所。去年の就職活動で一度も行かなかったな。俺は内定者という立場から、3年生の相談に乗ったりしたな。よく出た質問は、なんでこの会社を選んだのですか?ほかのコンサルティングファームやシンクタンクではなくDIRなのでしょうか?という質問。もちろん、建前でうまく乗り切りましたよw実際、会社を選んだ理由はそういうこともあったからね。答えたのは2点。仕事や会社を通じて自分の能力向上が計れるから。もう1つが自分のやりたいことをバックアップしてくれるから。それらをもう少し具体的にではあるけど説明してたな。あとは会社特有の良さといえば、やはり人が楽しいし、一緒に仕事をしたいと思え、しかも互いに刺激しあって能力向上を行えるから。このへんを伝えていたと思う。

しかしながら、3年生って真面目にやっている人は目の輝きが違ったわ。鬼気迫る感じで話を聞こうとしてくれる。というか、いつのまにか勝手に名前を覚えられてるw自分をアピールしようと必死になっている。すごくよい。去年俺もそういう風に命を削るような思いで就職活動をしていたのをまじまじと思い出させてもらった。しかも、俺と面識のない人と会話できたのはかなりこちらにも良い刺激となった。誰一人として知らない人だったからな。500人くらいは対応したでしょうか。大学も千差万別。挙げ句には父がNRIの社員なんですみたいなことも聞いた。NRIの社員からしてもDIRの存在意義はかなり高いみたいだ。優良企業の太鼓判を押された。

もちろん、会社の内容を聞いてくる人もいれば内定者という枠ではなく4年生としてESの書き方や面接のことを聞いてくれる人も多数いた。面接の失敗談(以前このblogに書いたかどうかはわからんが、某食品メーカーの面接であなたの強みは何ですかと聞かれそのときの回答が『誰よりも寒いギャグを言うことです』と答えてもちろん撃沈したということを伝えた。本当はもう少しポジティブにロジックを作って説明してたんだけど、どうも面接官がその最初のインパクトで話を聞いてくれてなかったみたいだから、敢えて一言で説明しました)を教えてくれとか今の学生は要領よくしたいのかどうかはわからないが面接やESのコツなるものも教えてくれと言ってくる人もいた。コツなんてものはないと思ってるんだけどね。もしコツで受かるくらいならさっさと面接の達人でも買えばと言ってやりたい。でも、何回か面接やESを重ねているうちに確かにこれなら受かるとか落ちるという判断基準が出来上がっていくのは事実。それは個人によって違うが。俺の場合、クイックレスポンスが出来ていない(しかも反応の範囲がコンマ5秒とかその程度なんだけど。少しでも自分の中に沈黙の時間が流れたときの面接は確かにことごとく失敗していたように思う)、内容が稚拙もしくは斬新的すぎる(斬新と稚拙って表裏一体に思ったね。自分では斬新でそのプロジェクトをやればいくらの利益が出ますよというのを単純計算して数値化もしているんだが、相手には稚拙と採られてしまう。自社ではできないという理由を添えて)etc。

こうみえて、ロジックの構成(どうも誤解を招きがちだが、実はこのロジックってのは数学とか得意じゃないとできないみたいだな。理由は目的に対する手段というものをカテゴライズ化したり、必要十分性などを考える必要があるからね)や頭の回転だけは会社から認めてもらえていたので、あとは言葉で伝えるという作業。国語力は自他ともに認めるお粗末さ。そこさえ自分が直せたら、もっと早くに内定をいただけていただろうと思う。

別にblogに書くほどの内容でもなかったが、会社側という視点から改めて就職活動という行動に接することができ、自分を見つめなおすいい機会になった。ただ、1つ言いたい。なぜ今回の説明会で内定者で呼ばれたのが俺1人なんだということ。騙されたよ。てっきりもっといるものだと思ってたからさ、今までの説明会報告を聞いた限りでは。ま、おかげで楽しめたしよかったわい。

その後、ぐっさんから『人事で俺の後継者がいない』と語られたのを覚えていますwそれと、どうやらぐっさんは忘年会か新年会、そしてみさこのLA激励会をやりたいと散々話していました。ようするに飲みたいらしいw内定者がぐっさんを飲みに誘ってくれないことに少々寂しさを感じているようでしたw『セクハラするし酒弱いから呼んでないだけですよ』と直接伝えておきました。まぁ、縁があったらということでw

家に帰ってから地元の友人(社会人)に呼ばれ八王子の街にどろんしていきましたとさ・・・。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2004-11-27 12:13 | 徒然草
<< 日出国に我あり 旅行→卒論 >>