掘り出し物
今日寒かったなー。のんびり家から駅までの距離を歩いていたら、たかだか15分から20分くらいのウォーキング(feat.デューク更家)をしただけで両手がかじかんで感覚をなくしたからね。積もってはいないけど雪もちらほら。

そこで、今日は自分を熱く奮い立たせようと思い、一路タワレコへ。この時期ってベスト版を出す日本のアーティストって多くない?有名どころだと、来月にスーパーカー(2月末で解散)など。面倒だから省略。視聴しててちょっと焦ったのが、俺の前に音量Maxで聴いている人がいたらしく、それに気がつかないで普通にBEASTY BOYSを聴いてしまって、あのイントロ(Ch CHECK IT OUT)で腰が抜けそうになったわ。

で、本題の掘り出し物はPILLARっていうバンドのWHERE DO WE GO FROM HEREというアルバム。有名かどうかもよくわからんのだが、視聴して一目惚れ。今聴いているが、ジャンルがクリスチャンロックらしいw宗教わかりませんwでも、ボーカルの声とかは高校のときによく聴いたSUMMER CAMPのティム・カレンみたい。音楽は軽くLINKIN PARKが入っているが、ターンテーブルは入っていない模様。つか、もっと一言で表せたわ。Foo Fightersみたいな音楽。

俺ってもしかすると特殊な人種なのかもしれんが、音楽における歌詞の内容って全く興味がないんだよね。興味があるのは歌詞の内容じゃなくて、言葉が持つイントネーションであったりRHYMEであったり、要は言葉も音としてしか捉えていない。歌詞が音楽の効果として心地よければそれでいい。日本の売れている音楽の歌詞なんざどれを聴いても恋愛とかで飽きたしくだらない。恋愛なんて個人の好きにやればいいのでは?それをいちいち歌詞にする必要は全くない。歌詞が切ないとか評論している人を見るとお前の言動が切ないよと常に突っ込みたくなる。歌詞の内容がメインで音楽は付随物って思ってCDとかレコード(レコードを買う人は明らかに音重視だろうからそれはないとは思うが)を購入するくらいなら、別に日本古来の俳句とかを詠んでいるほうがよっぽど言葉の重みを感じることができるっしょ。

ちなみに俺は4月で齢24になりますが、未だに縦ノリ系の音楽を愛していますw若くてなんぼ。時代に逆行する人でも構いません。好きな音楽は好きなので。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2005-02-16 21:52 | 徒然草
<< 緊急告知for内定者 1日遅れ >>