24年間のつながり
今日は忙しなかった。高校時代の友人(というか、高校の友達が通っていた予備校の友人でそれ以来仲良くしている)と大学時代の友人に会うことができた。みんな社会人。仕事が楽しいと言っている人もいれば逆も然り。究極論を展開したこともあった。みんな新しい人生歩んでいるんだな・・・。

すごく見習う部分もあったし、共感できる部分も多々あった。ただ、最近ブログに仕事のことを書かなくなったのは、どこまで書いていいのかわからない(自分にとっては全然たいした問題でなくても会社にとっては非常に損害を被る可能性もあるし)ということと、いくら仕事や勉強を頑張ろうと言っても今のままでは口だけに過ぎない。そしてこれからも・・・。資格を取ったとかプロジェクトに入ったとか残業しまくったとか言っても自己満足だし。別に声に出す必要もないよね。会社で最近静かになったねとか元気なくなったね言われる要因もそこかな、たぶん。

ただ、自分がやらないといけない部分はやっぱり自分で片付けないといけない(もちろん、今は何もわからないから、考えて結論がでなかったら上司や先輩に聞くっていうことも自分で片付けるってことね)。何か問題が起きたなら、そしてそれをわかっているのなら、黙っているのではなくちゃんと処理する。そのスタンスは変わらない。あとは相手が納得するかにかかっているし、自分のロジックが伝わるかにかかっている。こういうときでもないと言わないだろうが、実はすでに一度上司に会議の進行方法について苦言と改善策を提案していて受け入れてもらえた。確か、仮配属されて3日目くらいだったと思う。例えるなら、会議は踊れどされど進まずっていう状態で、進捗も遅れていたので、早急に改善しないと周りに蔓延する危険性もあったので。問題点がどこなのか把握できていないことがRootにあった。何故かというと2点。問題点が具体的でないこと、そして、解決策が的を射ていないこと。ってな感じで、会議をしても全く意味を成していないし、回数だけ無駄に多く時間を浪費しすぎていた。そこを打開するためにってな感じで解決策を提示。この辺は割愛しますわ。

だからプライベートで行ったことが更新の中心になっちゃう。つか、仕事のことを書いててやっぱブルーになった。また口だけだ。止めよう。こんなのすごくもなんともないし偉くもなんともないし自慢するほどのことでもない。ただ、そういう事実があったに過ぎない。よし、寝る前にウイイレやるか。あでおす。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2005-08-21 00:55 | 徒然草
<< 子が巣立っていく親鳥の心境だ。 脳内エステ >>