オーケストラというか交響曲
どもども。ご無沙汰しております。

ようやく本番実施を終了することができ、暇な時間を作ることができました。なんとも言えない開放感。そりゃあ、休みの今日に同じ喫茶店に2回も足を運ぶよ。1回は会社の同期と、もう1回はゼミの後輩と。ちょっと店員からの視線が痛かったwなんか、雪も降ってたし、冬を実感したわ。時間がすごく経ってることも実感した。某GAPにて小・中学校が一緒だった友達と超偶然の再会。サプライズすぎて、ごっついシルバーリングをつけていた手で自分の足を殴ったら、思いっきり皿の部分に当たり、GAP内で悶絶wそれくらいびっくりした。いやー、まじよかったわ。GAPに行こうと同期に言われていなかったら決して会うことはなかったかも。さんきゅ。

しっかし、コメダ珈琲店のシロノワール。昼飯を抜いていくとすげーうまかった。前に行ったときは飯を食ってからだったから、あの量は食いきれなかった。ここのコーヒーも何が他の店と違うか正直わからないが、この店の雰囲気で飲むコーヒーってのがおいしい。2回目に来店したときは、紅茶を攻めてみた。紅茶は違いがわかったぞ。ふつうにうめー。勢いあまって2杯も飲んでしまった。なんつーか、レモンってすっぱくて、紅茶に長く入れると味が渋くなるってのが普通の紅茶だけど、とりあえず、コメダ珈琲のそれは全く渋くならず、最後まで時間を置いていてもおいしく飲める。一度お試しあれ。

で、ようやく本題だw家に帰ってから、のんびりテレビをつけたらテレビでオーケストラがやっていた。オーケストラってすごく壮大だよね。イギリスでオペラを見たときに実感したんよね。それ以来、オーケストラとかにはまっている。ただ、やれショパンとかやれベートーヴェンとかやれバッハとかって言っても、有名な曲しかわからないから、その曲のすばらしさ全てを理解できない。

そこで、考えた。俺が曲を全て理解できて、曲のすばらしさ、曲がどのような情景の元で作成されたか、そして、交響曲であること。それを満たしてくれたのが、すぎやまこういち氏。

やはりドラクエが強いな。これは俺でも理解できる。初心者でもオーケストラのよさってのを十分に実感できうるにたえる。「おおぞらをとぶ」(ラーミアの曲ね)は秀逸。

ちょっとしたうんちくだと、あの競馬G1のファンファーレってすぎやま氏が作曲したんだよね。これくらいは常識なのかな?まぁ、いいや。

オーケストラって、個人の感情を全て代弁してくれるように感じるんよね。色々な楽器の音が重なり合って、音の強弱も感情の起伏を表現してくれる。本当に癒されるよ。

あとは、レミオロメンの粉雪をゲットして、もっと癒されよう。1リットルの涙も今週こそ見るぞ。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2005-12-11 21:48 | 徒然草
<< 若輩の代休消化 怒涛 >>