DANDYISM TOUR FINAL @ Zepp Tokyo
いやっほう!

行ってまいりました。DOPING PANDAのレコ発ツアー!!

正直、会社の元同期(一方的に俺が消えただけなのですが)から、その日にライブをやるからと言われてから、他に一緒に行く人を当日までまったく探していなかった俺。このままではまずいということで、当日になって必死に探しましたよ。それはそれは。同じ部署だった同期とか、地元の友人とか、結局全部失敗(涙)。これは、最悪一人かそもそもツアーを棒に振るかとかも考える始末・・・。まじやばい。と思っていたら、大学の友人に連絡がついて、やはり瞬発力が良い。2つ返事でOK。最高です。

品川に集合して、車でぶらぶらと台場まで。時間も丁度始まる時刻で、ばっちぐーです。

まず、この友人が周りの動きに合わせて積極的に前列確保に勤しんでくれ、前から5列目くらいに位置することに成功。ファインプレイでした。

のりのりなSEから満を持して登場。Introck→Blind Falconのコンボからスタート。最初からのりのりですよ。はしゃぎまくったわ。

その後、予習不足がたたり、若干盛り上がりきれなかった自分もいましたが、そこはドラムをやっていた経験からどんな歌メロやリズムが来るか予想してリズムに合わせて楽しんでおりました。この時点でこれでもかってくらい汗だく。両脚の脹脛が軽く悲鳴をあげております。

そして、Rock Sterと自分を鼓舞するFurukawa氏(G&Vo)のトークもはさみ(しかし、自分のことを天才とか言う方を久しぶりに見ました。俺なんか、ネガティブ代表みたいなもんだから、そんなこと言えないだろうなと思った。本当は自分で自分のことをそうやって持ち上げて自信をつけたいっていう気持ちがたくさんあるんだけど、なんか言えないのよね・・・。)、ついに待ち望んでいたMiracle発動!タテノリしまくっていたら眼鏡がぽーんとすっ飛びそうになり、なんとかキャッチ。それくらいはしゃいでおりました。俺も成長したのか年だからなのか微妙なところですが、ダイブの行為を踏みとどめることに成功。去年はMADでダイブしまくっていたのにも関わらず、自制心が働きました。しっかし、この曲はすげーな。騒ぎすぎて、両脚からぎしぎしと悲鳴が聞こえ、息はあがりまくっておりました。このままではまずいと判断。よって、The Fireくらいまでは音に耳を傾けようと決心。

そしたら、1曲挟んだ後にHi-Fi。もう止まりませんよ。I LOVE YOU~♪ですよ。またはっちゃけてしまい、全然休めず。まぁ、その後にゆっくりできたのは大きかった。

途中割愛、んで、The Fireですよ。The Fire~♪で俺も友人も最高潮。でっかい花火もあがったし、超満足です。そのあと、俺の脚と息が持たなかったのは言うまでもなく、アンコール中も軽く音に耳を傾け、両腕を上げる程度でタテノリは一切発生せず。無理でしたわ。疲れまくった。

しかし、ライブ自体は最高でした。DOPING PANDAってあんなに女性に人気があったなんて知らなかったよ。四方八方女性。たまに腋臭の男性がいたかな(苦笑)。

終わってからはTシャツを購入。友人と、音楽好きな女の子と知り合うにはどうすればいいのかということで盛り上がりました。

この後、俺らに最大のピンチが起こるとは・・・。

なんと、2人の所持金がまずいことに・・・。互いに札を持っていない。しかも、駐車場料金が・・・。払えるかまじでどきどきものでしたよ。料金を支払った後、俺=57円、友人=30円しか残っていない有様。びっくりだ。まぁ、ここは乗り切ったわけですが、食事代もないから、田町の駐車場に車を入れて、コンビニで下ろすっていう話になった。そしたら、金融機関が点検だかなんだかで下ろせない(2人とも同じ金融機関を使用)。いやー焦った。何せ、駐車場代が払えません。まぁ、キャッシングでしたね、最後の砦は。何とか克服。ここでの教訓、やっぱり財布にはある程度余裕を持って金銭を入れておくべき。間違いない。

飯食って、俺の電車がなくなって、車で家まで送ってもらって、俺の昔のアルバムで盛り上がって、音楽渡して、無事に終了。まじ感謝だわ。無事にオービスとかに引っかからずに帰ってくれたことを願います。

長くなりました。すんません。それくらい楽しかったってことだな。ふぉふぉふぉふぉ。定期的にライブやスポーツ観戦が必要だわ。やっぱ、ストレス発散できるよ。俺の身体に溜まった膿も少しはなくなったよ。ぐっすり寝れるな。ってなことで、寝ます。ちゃおー。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2006-07-17 03:02 | 徒然草
<< 不覚 WHAT I WANT IS ... >>