CULTURE SHOCK ~COMMUNITY~
たまには、ちょっと職場のことを。

今日、すごく驚いた出来事がありました。しかも、2つも同時にだ、矢沢・・・。文化というか、共同体が異なるだけで、まさかここまで職務体系が異なるとは思ってもみなかった。

1つは、事務所の先生の自宅に業務時間中に招待してくれ、普通に甲子園決勝を1回から9回まで観戦しました。しかも、事務所内の人間ほぼ全員を引き連れて。すげーや。野球の内容もすごかった。早実の斉藤くんって本当に根性あるな。あんだけ昨日投げて、今日も1回からフル稼働。今日はかなり省エネピッチングだったけど、しっかり2桁奪三振だったしな。9回に駒大苫小牧の2ランがあったときはまじ鳥肌が立った。最後のバッターも田中くんだったし、はっきり言って、近年のプロ野球観るより全然楽しいわ。球団の政治的策略も感じないし。先生の家もすごく綺麗だった。液晶テレビはでかいし。やるな、こいつといった感じです。

もう1つは、真昼間から3時間近くも時間を私的な時間に費やしたから、仕事しようと思って残業を始めてものの10分後に、残業する必要ないよと。おや?いいんですか?って聞いたら、いいんですだってよ、まじで。川平慈英氏ですか、皆さんは。周りもさっさとあがってるし。実働時間4時間くらいだぞ。朝1時間くらいミーティングやってたからな。こんな感じだと、本当に勉強する時間を心配しないで済みそうだ。普通に6時前に帰宅ですよ、今日なんか。

個人的に(自分でも痛いくらいにわかっているのが相当な偏屈者で天邪鬼な性格の持ち主)こういう職場環境だと、事務所に協力したくなるんです。自分が勉強して資格を取ることも、業務の経験を積むことも、出来る限り貢献したい。だって、それくらい周りの方にも助けてもらってるし、面倒も見てくれてる。昔は会社なんてどうでもいいんだ、俺が仕事をこなせればいいとか思ってたけど、周りと心底協力したいと思えるような関係を築きたいと考えるようになった。正直、前の会社にいた頃には絶対に思わなかっただろうけどね。俺の知らない世界がまだたくさんあるんだろうなと思うと、生きることの大切さを改めて実感できる。やっぱ、俺が前の会社でずっと口にしていたパクチソン理論はあながち間違ってなかったよ。どんなに腐って使えない、もしくはすごい才能を開花できなかった人でも、必ず輝ける場所があるということを。あとは、自分が動く。別に失敗してもいいんじゃん?別に死ぬわけじゃないんだし。

って、自分に言い聞かせているようだな(苦笑)。実際、会社を辞めてから苦悩する時間のほうが長かったしね。そんなことはどうでもいいや。とにかく、何事もチャレンジです。

P.S.最近、スシローにはまっています。コストパフォーマンス最高です。一度お試しあれ。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2006-08-21 21:26 | 徒然草
<< 世界バスケー 怪我の功名 >>