WHITE-COLOR EXEMPTION
今日、ゼミの友人から、クローズアップ現代にあつしが出てるということを聞いた。帰ったのが丁度終わったくらいだったので、残念だなーとか思っていたら、なんとBS-2でやっているではありませんか。

テーマは巷で話題のほわいとからーえぐぜんぷしょんです。

労働者を時間で管理しないという労働時間の適用除外が特定の職種+一定の要件(年収が400万以上だか)を満たす方に認められるということですな。

これ、相当賛否両論だよね。

メリットは、自分が働く時間を自分で決定できるため、拘束されていると感じずにストレスが減ることにつながり、過労死という状態も減少するということ。

デメリットは、残業代の不払いが法的に助長される、実際は自分で労働時間を決めているようで好きなだけ働きなさいというようなことが出てくる。

経営者は労働者に残業をさせたい。なぜなら、1日でたくさん働いてくれれば固定費の縮小につながり、結果として利益を上げることができる。

正論です。俺が経営者だったら普通にそう思うでしょう。ここで、私はそんなことさせないとかいう偽善者がいたら見てみたい。仕事を変えて色んな経営者に会い、話をして、会社の財政状態や経営成績を見ている。やっぱり、費用は極力減らしたいものです。でも、業務を行うには人員が必要不可欠。わがままな矛盾。これが経営者の間ではまかり通る。しわ寄せは全て下に来ます。

個人的見解では、この除外は労働者にとって苦痛以外の何者でもないと思うよ。人は何のために労働するのか?日本国憲法で義務付けられているから?んなわけないでしょ。生活ができないから、もしくは対価がほしいからでしょ。それに、こんな精度が出来上がったら、どうやって人を評価するの?また評価基準がぶれるんじゃね?

サービス残業とか個人的には正直意味がありません。規定の労働時間を働けば十分。理想論ですが。こういう制度ができるならより一層、下の若い衆や部下たちと会話をして状態を管理していかないと無駄な制度に時間を費やしたということになってしまうだろうし。

久しぶりに真面目な内容でした。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2006-10-05 00:29 | 徒然草
<< ジロー・ザ・ファイヤー TAKE A REST >>