"I"が訳せない中学生
弱りました。リアルに。

以前、算数ができない中学生だけならまだしも、
なんと、英語で"I"を訳すのに5分かかりました…。
"have"にいたっては、私がペンを持つ仕草をして
ようやくわかってくれました。

うっぷす。

高校生の履修不足問題ばかりが取り上げられておりますが、
はっきり申しまして、中学校は何をしているのでしょうか。
成績が悪すぎてシカト状態ですか?それで本当に
教員を名乗ってよろしいのでしょうかね。
ゆっくり教えてあげればちゃんと理解してくれましたよ、彼は。
教え方が悪いんじゃないでしょうか。

俺みたいなあぼんが言うのもいかがかと思いますが、
学歴不要な社会へと変貌したとか言ってます。ただ、
ある程度、教える側の学力や人間力が備わっていないと
まずいように思います。人間力=どの生徒が授業に
ついていけていないか把握して、その人にあった教え方が
でき、生徒の立場になって考えてやることができる能力。

なんか、あまりにも教員の対応がひどすぎる。
教員免許って一体何なのでしょうか。
これで中学まで義務教育だとか言っているわけです。
格差ができるのも当たり前な気がします。
というか、そもそも子供が可哀想すぎます。
大人が子供の可能性という芽を摘んでいる。

以上、愚痴。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2006-10-27 13:00 | 徒然草
<< 大変長らくお待たせいたしました。 菊のかほり >>