情報の非対称性
タイトルのことを労働市場に当てはめて研究しているのが、自分の卒業論文。

ただ、難しく考える前に、情報の非対称性って日常生活においても存在していると思うのです。たとえば、実は忙しい人もいれば、ものすごく暇を弄んでいる人もいるはず。情報の偏在が日常にも蔓延っているわけだ。

何が言いたいかというと、今は風邪を引いていて辛いけど、実は最近暇だということwコミュニケーションって仕事だけじゃなく、日常でも重要な側面を担っているわけだ。

というわけで、今から風邪を引いている身ではあるけど、地元の友人(社会人)と一杯飲んできますw誘われてしまいましたwおらが町、北野駅にあるオープンバーにてのんびりと・・・。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2004-10-18 19:01 | 徒然草
<< また台風・・・ 試験 >>