その時、歴史が動いた
あー…、あー…、本日は晴天なり…。

今日、ダービーが東京競馬場で開催されました。何年ぶりかに自分が主催して
ダービーツアーを行いました。

面子=慶應の理論派M下くん、慶應のジョニーデップO津くん、吝嗇家S山くん…で
開催する予定だったのですが、さらにすぺさるげすとを招聘。

学生時代に俺の上司(チーフ)としてご活躍されたM川さんを初招聘。
府中に住んでいた経歴を持ちつつも一度も競馬場に行ったことがなかったとのことで、
前日に突然のS山ジャパン召集にも快く応じていただけました。
周りの面子もすごく驚いていました。一応、M下くんには前日にゲストが来ることを
伝えただけで誰が来るかは伝えなかったんです。
彼は、我々に縁のあるTくんやHくんをご想像されていたそうですが、
そうは問屋が卸しません。ちょっと頑張ってみました。3年ぶりの会話でした(苦笑)。

んで、全員に競馬場を案内して、競馬新聞の読み方と馬券購入方法を教えました。
彼らはやはり頭の回転が速い。すぐ理解してくれておっちゃんは嬉しかったです。

とりあえず、ダービーの総括は後述するとして、今日参加してくれた方に
競馬の魅力を伝えられたのではないかと思っています(自己満足でしたら
すみませんが)。みんな、また来たいって仰ってくれましたんで。
あ、社交辞令なのかな?まぁ、おっちゃんは気にしません。

その後は、初めて府中の街を散歩しました。大国魂神社に始まり、
けやき並木をぷらぷら。本当に楽しい企画になってよかったですー。

以下は、レースの総括です。

ウォッカ、半端ない。すごかった。ずっと鳥肌立っていました。
64年ぶり(69年じゃなかったっすね。すみません。)に牝馬が参戦して、
しかも勝ってしまうとは…。歴史の証人として立ち会えて本当によかった。
四位さん、あなた、最高ですよ。それに比べて、安藤さん、勘弁してください…。
2番手でがっちり来ると信じていたのですが、全然伸びません…。
引いたわ=3自分は1着にサンツェッペリンと踏んでいました。
サンツェッペリンは4着で確かに届かなかったのは事実ですが、大健闘でした。

ちょっと3歳G1の総括もここで。

結論、今年の3歳牝馬は強い。というか、3歳牡馬が弱いのかなと思わざるを得ません。

桜花賞:ダイワスカーレット(牝馬)
皐月賞:ヴィクトリー(牡馬、牝馬は1頭も出頭していない)
NHKマイルカップ:ピンクカメオ(牝馬、牡馬も出走している)
オークス:ローブデコルテ(牝馬)
ダービー:ウォッカ(牝馬、牡馬も出走している)

牡馬がちょっとだらしない。だから配当も荒れている。
1番人気がその通りに来ないのが今年の牡馬のクラシック。
今年にウォッカが凱旋門賞に出走したら、斤量がとても少ないし(牝馬で3歳)、
あれだけの能力があるからリアルに取れるかもしれん。
ディープインパクトが出走したときより条件が整っている。
エルコンドルパサーのときよりも期待が持てるわ。

さらに、アメリカンオークスにピンクカメオとかが
出走意思を示しているそうだし、これも楽しみにしたいねー。

ディープインパクトがターフから去った後でもこれだけ競馬を楽しめる要素が
満載です。別にJRAの回し者ではないのですが、人と馬のドラマを周りの人に
伝え、みんなと競馬を楽しめたらと思っています。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2007-05-27 21:50 | 徒然草
<< ハンカチめ… ぽかぽか陽気 >>