同窓会
中学校の同窓会に参加してきました。
パチンコやってたら遅刻しちゃいましたが。

しっかし、着いた瞬間にバスケ部の奴らが俺に食事を持ってきてくれたんです。
なんというか、こいつらとも頑張ってきたからなーとか感慨深くなっていたところ、
そいつらの雰囲気がなんかおかしい。皿を見たら、海老の料理でやがんの。
そうなのです。俺が海老を食って蕁麻疹が出たところを生で見てたのが、
バスケ部の連中。それをネタにするなんざ、さすが。つか、ノリが中学生のときのまま。
逆にタイムスリップして面白かった。全然変わってない。

他の奴らからは、でぶっていた頃の俺を知っているから、
最初は痩せたなとか言ってくるけど、お腹を触られてばれました(笑)。
ポテンシャルが高い、と(笑)。笑えないけど。
あとは、自分は蛙が苦手なんですが、その状況を知っている女性もいて、
忘れていた記憶がすごく甦ってきた。ちなみに、その子供はすごく
可愛かった。女の子なんだけど、ほっぺたとかぷにぷにしてるし。
セクハラ扱い受けましたが、そんなのかんけーねー。

しかしながら、性格は変わってなくてもその人たちを取り巻く環境はがらっと変わってた。
結婚してた奴もいれば、八王子を離れている奴もいる。
仕事に関してはそれこそ千差万別で、俺みたいにしがないサラリーマンしている
人間もいれば、大工の棟梁、音楽でメジャーデビューしている奴もいる。
世界のピアニストもいるからなー。

ちょっと思ったよ。中途半端にじゃなくて、真に誇れる何かが欲しい。
自分で作り上げた何かを残したい。マスターベーション的なものではなくて、
周囲の誰もが知ってくれる何か。

とか書いていながら、自分ではおぼろげながら自分なりの答えを持っている。
まだそれを行うことは自信もなければ行うための資金もバックグラウンドもない。
もちろん、言うまでもなく、能力もアイディアも不足している。悔しいっす。
でも、勢いとかも必要なんかなとも思う。どんなことを行うにしても、
リスクは必ず伴う。どんなことでも成功する保証はないわけだし。

ま、同窓会があったからこそ、こういったことをもう一度考えさせて
もらえたので個人的にはよかったです。それに、みんな元気そうだったし。
また馬鹿騒ぎしたいな。ほんと、現場は酒池肉林状態だったからなw。
[PR]
by ko-33-jp-etc | 2007-08-20 01:54 | 徒然草
<< KAZOKU カイジ >>